学生が社会に出ても役立つ、
自発性を引き出す
「学び場」を提供

学生アルバイトの活躍が
成長の一翼を担う「KICHIRI」

1998年7月の創業以来、"高級感あふれる内装""選び抜かれた食材"、そして"ホスピタリティの高いおもてなし"で、全国にカジュアルダイニング「KICHIRI」をはじめ、さまざまな業態・ブランドの飲食店を97店舗展開する株式会社KICHIRI(1998年7月有限会社吉利(現きちりホールディングス)設立。2019年1月分割により外食事業を承継)。
常に新たな業態の開発に取り組み、店舗プロデュースや物流、海外展開など幅広く事業を手掛け、右肩上がりの成長を続けています。
そうした成長の一翼を担っているのが、アルバイトの8割ほどを占める大学生のアルバイトのようです。意欲的な学生アルバイトが多く、現場におけるオペレーションレベルが高い環境を生み出している背景には、"学び場"の存在があるようです。当社グループにおいて外食事業の中核を担っている「株式会社KICHIRI」が取り組む、学生アルバイトが積極的に職場で働ける環境づくりについて聞いてみました。

  • ●社名/株式会社きちりホールディングス
  • ●創業/1998年7月(1998年7月有限会社吉利(現きちりホールディングス)設立。2019年1月分割により外食事業を承継)
  • ●本社所在地/〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目17番2号12階
  • ●資本金/3億8,153万円(グループ合計、2019年3月)

アルバイトが自由に参加できる
充実した研修制度

KICHIRIでは現在、アルバイトを含めた従業員が自由に参加できる「51種類の研修制度」を実施しています。「KICHIRI」では創業当時から、学生アルバイトが多いです。ただ、学生の場合は卒業するまでの期間限定就労がほとんど。せっかく「KICHIRI」で働いてくれるのだから期間限定就労であっても、自己実現ができるように支援していきたい、との想いが発端になっています。」と人事・研修マネジメントを担当する営業統括本部 関西エリア部長の岸本さんは話しています。

人事・研修マネジメントを担当 営業統括本部 関西エリア部長の岸本さん

研修制度では毎月、主体性を促す「マインドセット研修」など10種類ほどの研修を常時実施。アルバイトを始める際に必ず行う「理念研修」をはじめ、「チームビルディングのノウハウ」「プレゼンの話し方」「感動のおもてなしを実践する接客ストーリー作成」 など、社会人としての基礎から職場で必要な知識やスキルまでを学べる内容になっています。 これらの研修プログラム以外にも、動画で見て学べるITツールとしてまとめられています。このITツールにはチェックリストやクイズの回答、動画の閲覧履歴をもとに、それぞれのアルバイトに応じて必要な研修をおススメするレコメンド機能なども装備。自発的に学べる環境を整えています。

「また、"人に教えた経験が最も自分の身につく"との考えから、時には学生アルバイトが講師として研修を開催しています。また、選ばれた店舗のみが参加できる「表彰イベント」で成功事例を発表したりする機会も提供しています。

表彰イベントの様子

アルバイト業務の中には店舗人件費の管理や、損益計算書を読むといったこともあり、経営者としての店舗運営の基礎を学ぶこともできます。 さらに、「アルバイトリーダー」という役職制度も設けており、リーダーシップ研修を受け試験に合格すると、"アルバイトの取りまとめ役"として新人アルバイトをスキルごとにタイプ分けしたり、能力の育成について検討したり、アルバイト全員で業務改善に取り組んだりするなどの経験を積むことができます。

こうしたリーダーシップ能力をさらに高める目的で、ディスカッション形式の研修により主体性が開発されています。
2015年5月よりアルバイトを始めた佐藤さんは、2018年7月にリーダーシップ研修を受けて最終試験に合格。 現在は、アルバイトリーダーとしてKICHIRI茶屋町阪急駅前店でアルバイトの管理を任され、責任を感じながら、充実した日々を過ごしているようです。 「人をまとめ、教える立場になったことで、仕事に対する責任感が強くなり、店をより良くするには何が必要か、運営的な視点で考えるようになりました。この経験は社会に出てもきっと活かせると思います。」と佐藤さんは話します。

リーダー研修の様子

学生アルバイトの意欲が向上、
離職率は約20%ダウン

このような研修制度の効果について、岸本さんは次のように話します。
「効果としては大きく2つあります。1つは離職率が約20%ダウンしたこと。関西エリアの既存店では、年間既存店退職者数が439人(19期)から359人(20期)に減少しています。(卒業生も含む)2つ目は、以前に比べ意欲的な学生アルバイトが増加し、職場でのオペレーションレベルが上昇していること。研修を通じて自発的に行動・言動ができるようになり、その結果、店舗での業務効率が向上しています。」

アルバイトリーダーの佐藤さん

そのほかの効果としても次のように語っています。「KICHIRI」でアルバイトを始めるようになると、家族や友人など周囲の人から『印象が変わった』と言われるという話をよく耳にします。これは、研修や職場での実地体験などを通じて、以前よりも相手の立場で考えるようになったり、応対できるようになったりしたことが影響していると考えています。」

学生アルバイトは大学卒業とともに退社されることが多いため、毎年3月にアルバイトへ感謝の気持ちを伝える、「アルバイトの卒業式」でアルバイト生活に幕を閉じます。岸本さんは、「こうして卒業した学生アルバイトのうち、社員として就職する方も多い。」といいます。 「アルバイト経験を経た新入社員は、入社後も即戦力として自発的に行動し業務効率の向上に寄与してくれます。

「KICHIRI」では、社内に研修制度という学生アルバイトの"学び場"を創ることで、離職率の低下と意欲向上を図り、さらには優秀な社員育成につなげる体制をも実現しています。