メニュー

伊神 巨樹

システムの力と人の力、
掛け合わせることで人と
企業を輝かせたい。

白川 聖子

BPRコンサルタント

2014年、中途入社。人と関わる仕事がしたいとの想いが募り、エンジニアから転身。クライアントの採用効果向上と業務効率化を同時に実現する、採用支援サービス『ジョブオプ応募管理』の運用設計を手がける一方で、グループメンバーの育成にも従事。システムの力と人の力を掛け合わせながら、人と企業の最適な出会いの場づくりに貢献している。

雇用領域の課題を解決したい。

IT企業でエンジニアとして働いていましたが、お客様のニーズにより直接的に向き合う仕事に興味を持ち、転職を決意。人と関わることができる仕事を探す中でリクルートジョブズに惹かれたのは、風通しが良く、自分がやりたいと思ったことを形にできそうな会社だと考えたからです。同時に面接で聞いた話にも強く動機づけされました。雇用領域には想像以上に多くの課題があることを初めて知ったのです。例えば企業側には多くの採用ニーズがある一方で、特定の求職者層とのマッチングがまだうまくいっていない状況が挙げられます。解決に向け、制度変更やワークシェアなどに取り組む企業も増えてはいますが、十分とは言えません。リクルートジョブズがこういった有期雇用領域に存在する様々な課題に向き合い、商品やサービスを通して本気で解決を図ろうとしていることを知り、自分も貢献したいと考え入社を決めました。

新しい組織だからこそ、自らが変化を生み出せる

今手がけているのは、求人への応募受付業務を代行するコールセンターサービスの導入、運用サポートです。サービス業界を中心に、本業が忙しく応募受付に対応しきれない企業をサポートするサービスを提供しています。2年前にリリースされたこのサービスの価値を高めるためには、提供する私たちが思考を止めずに気づきを発信し、行動に繋げることが重要だと感じています。またグループ自体が新しく、組織運営にもまだ完成した型がありません。グループリーダーである私は、キャリアの浅いメンバーを育成するために、業務を型化して展開したり、マニュアルを作成したり、ITの知識を提供する等、サービスに加え、組織を作るという部分においても価値を発揮できる仕事にやりがいを感じています。いつか、自分を追い越すような人材を育てられたら嬉しいです。

さらにサービス価値を高めていくことにこだわり続けたい

最も印象的な仕事は、初めて担当したお客様との関わりです。すでにトライアルで数店舗にサービスを導入していただき、効果検証することが決まっていましたが、本部や現場が抱えている問題を丁寧にヒアリングし、細部にこだわって設計した結果、採用の負荷を軽減するだけではなく、面接設定率の改善や採用数の向上に寄与することが出来ました。最終的には、全店舗への一斉導入も実現し、サービスの価値をお客様と共感でき、嬉しい成功体験となりました。 今、私が目標にしているのは、サービスの価値をさらに高めていくことです。導入したからこそ可視化できる応募数や面接数、採用数といったデータを深く分析し、企業の事業成長を加速する提案に繋げたい。事業成長は、雇用の創出や求職者の選択肢を広げることにも繋がります。だから私はここで、システムの力と、人の介在価値を掛け合わせながら自らの価値を発揮しつづけたいと思っています。