メニュー

齋藤 和彦

強い意思をもつ
各ステークホルダーの
合意形成を図り、
最適なサービスを生み出す。

齋藤 和彦

プロダクトマネジャー

2014年中途入社。前職のITコンサルティング会社で基幹系の大規模なシステム開発に携わる。30歳までに到達したいと掲げた目標を達成し退社。1年間海外留学し、帰国後、プロジェクトマネジャーとしての力を磨きながら、新しい組織づくりに関わる仕事がしたいと思っていたタイミングで、IT組織を立ち上げ本格的にITに力を入れ始めたリクルートジョブズに入社。

サービスを自分たちでつくり提供する

もともと土木工学科出身で、カタチあるものをつくる仕事がしたいと思っていました。モノづくりに携われて、自分に向いていると感じられるものは何か?という観点で就職活動をしていた際、アルバイトで関わったITの領域に興味があることに気づきました。ITシステムなら比較的短いスパンで結果が出るため、自分の早く成果を出したいという性格にもフィットします。要件定義から運用まで一括して開発を行うITコンサルタントに興味を持ち、新卒で入社をしました。基幹系の大規模なシステム開発に携わり、プログラミングから、アプリケーション開発、プロジェクトマネジメントまで様々な仕事を経験。「型にはまらない」システム開発が魅力の会社だったのですが、BtoBの大規模なシステムは、最初から仕様がある程度決まっていて、変えようがないというジレンマもありました。自分たちでサービスをつくって提供している会社であれば、仕様も、システム開発のやり方もすべて一から決めていくことができるはず。そこで、これからIT化に力を入れていくリクルートジョブズなら新しい組織づくりにも関わることができそうだと思い、入社を決意しました。

意見が強いステークホルダーとの折衝

同じプロジェクトマネジメントでも、前職と圧倒的に違うのは、たくさんのステークホルダーが存在すること。経営ボード、営業担当、商品担当、運用担当、開発担当とそれぞれが意思をもってプロジェクトに参加しています。リクルートはトップダウンではなく、ボトムアップの会社なので個々の意見がとても強いというのも大きな特徴です。それぞれの要望を聞いていくと、立場によってメリットとデメリットが真逆になることもめずらしくありません。全体で50名規模となるプロジェクトをまとめていくためには、チームメンバーが納得して合意形成できるよう、方向性を明確に定めていくことが求められます。今回のプロジェクトで、一番優先すべきことは何なのか?何かコンフリクトが起きたときに立ち戻る「拠りどころ」を決めて、最終的にはその方針に合うものをチームで選んでいきます。それがサービスをつくっていくということ。個性の強い人が集まるチームをまとめる中で培われていくこの合意形成力は、どのような会社にいても活かせる力になると思います。

プロダクト開発にあたっての新たな試み

入社後、最初に手がけた『ジョブオプ採用管理』の開発では、内製化にチャレンジしました。本サービスは、採用を行いたい企業が複数の求人情報メディアに掲載して得た、応募から採用までの情報を一括管理し、オリジナルの採用ホームページを作成し応募受付を可能にするなど、採用業務を効率化できるシステムです。どのようなサービスであっても、リリース後には改良するべきポイントが出てきますが、自社で開発したシステムであれば、営業やクライアントの要望をいち早くキャッチし、カスタマイズも自分たちで行うことができます。内製化することで品質担保はもちろんのこと、コストカット、改良のスピードアップの面でもメリットがあるため、自分たちの要望や想いをサービスに反映しやすくなることに大きな価値があります。そうしたことに新たにチャレンジすることも、IT組織が果たす役割のひとつです。IT企業としてまだまだ未完成だからこそ、その舵を自ら切っていくことに魅力を感じる人にはやりがいのある環境です。

企画力を磨き、自分の価値を高める

前職ではプロジェクトの規模が大きすぎるために、全体像を把握することが難しかったのですが、今は自分が担当するプロジェクトが小規模のため、ソースレベルで、細部までシステムの仕様を把握できています。プロジェクト全体をマネジメントしながら、ソースコードレビューもできることが自分のスタイルであり強みです。一方でまだ足りていないと感じるのが、クライアントのニーズに合ったサービスを提案する力。0から新しいものを生み出す、より良い機能やサービスを提案するといった企画力を今後磨いていきたいと思っています。自分の強みであるプロジェクトマネジメント力と、入社後で身に付けた合意形成力、そしてこれから身に付けたい企画力全てを活かし、現在携わっているシステム群を圧倒的No.1のサービスに成長させたい。そして、ゆくゆくは世の中に価値提供できるサービスを自分の手で生み出したいと思っています。そのためにも、自分の力を磨き続けます。