メニュー

西岡 順子

挑戦の先には、何万人もの求職者が。
できるだけ多くの幸せな出会いのために、
今、何ができるのか。

西岡 順子

企画スタッフ

2014年中途入社。新卒でベンチャー企業のスタートアップに参加し、アドテクノロジーの開発とサービス拡販に従事した経験を持つ。人との出会いに恵まれる職場を求めてリクルートジョブズに転職。大手クライアントを担当する営業組織にて、戦略立案や組織運営、商品開発に手腕を発揮している。

ベンチャーの充足感を、より大きなステージで

大学では数理最適化を専攻。その学びを活かし、前職ではバナー広告のコンバージョンを最大化するためのアルゴリズムを開発していました。開発者にとっては最高の環境でしたが、黙々とひとりで考えを深めていく日々に物足りなさを感じるように。もっと多くの人と接点を持ちたい。人とのつながりから新しい価値を生み出したい。そのような欲求が芽生え、リクルートジョブズに転職しました。現在、任されているのは、大手クライアントの抱える採用・雇用に関する課題に対し、求人メディアだけにとらわれない「ソリューション」を提供する組織の戦略立案と運営。できたばかりの組織なので、「ソリューションとは」という定義づけからはじまり、中長期のミッション設計、扱う商品の企画開発、現場で生まれるナレッジの共有や活用施策の考案まで幅広く手がけています。上司に質問すると、「まずはあなたの原案を持ってきて」と返答をもらえるところに魅力を感じています。まるで、前職のベンチャー企業のよう。これだけの規模の会社で、こんなにも個人の意見を吸い上げ、意思決定していることには驚きました。

企業の面接力アップをサポート

ミッションとして企画開発している商品は、求人メディアに限定したものではありません。いわば、「ソリューション」の武器となる、クライアントの課題を直接的に解決する商品です。最近では、クライアントの採用力を高めることを目的とした、「面接」に関する商品を作りました。面接は採用の要にも関わらず、属人的な方法で行われるケースが多く、その結果、求める人材の採用に至っていないという問題が生じています。これは求職者にとっても、自分らしさを活かせる職場と出会う機会の損失になりえます。クライアントの潜在的な課題をキャッチし、その解決策を商品として提供する。商品としての質を高め、1社だけでなく、より多くのクライアントへ拡販することで、より多くの求職者に自分らしく働ける職場と出会ってほしい。「求人メディア」という枠を超え、ソリューションの多様性やクオリティを高めることで、我々の真価が発揮できると感じています。

顧客価値にこだわり、壁を乗り越える

「面接」に関するサービスを作るにあたり、強く意識したのは、机上の空論からの脱却です。理論や思想を軸にクライアントが運用しやすいものを具現化できてはじめてサービスといえるので、細部までこだわって作ろうと決めました。顧客の視点を徹底しながら取り組みを進めていましたが、なかなかスムーズにいくものではありません。越えなければならない壁はいくつもありました。例えば、社内での合意形成は多くの関係者を巻き込んで進めることが必要で、利害の異なるパートナー企業との交渉は、毎回緊迫感を伴うシーンの連続でした。どちらも初めての経験だったため困難と感じることばかり。そのような時、「顧客のための商品である」という軸をぶらさず、それぞれの壁に対してアプローチを変えながら、試行錯誤することで乗り越えることができました。商品がしっかり運用に乗ったときに感じたやりがいはいままで自分が仕事をしてきた中で1番大きなものでした。

大きな壁は2つありました。1つ目は社内での決裁を得るプロセス。企業規模が大きくなれば、ケアすべきことが増えるのは当然。ベンチャー企業のときの勢いだけではうまくいかず、関係者の気にするポイントを的確に押さえ、丁寧に合意形成する必要がありました。2つ目は外部パートナーとの交渉。この商品の核となる部分は、知見のある外部パートナーに委託する方針に舵を切りましたが、利害の異なるパートナー企業との交渉は緊迫感を伴うシーンの連続でした。どちらも自身にとっては初めての経験だったため、困難だと感じることばかり。そのようなとき、「顧客のための商品である」という軸をぶらさず、それぞれの壁に対してアプローチを変えながら、試行錯誤することで乗り越えることができました。商品がしっかり運用に乗ったときに感じたやりがいはいままで自分が仕事をしてきた中で1番大きなものでした。

何万人もの幸せにつながる挑戦

大手クライアントの課題を解決する商品の企画開発をゼロから自分で考案することが現在の目標です。こういう商品を作りたいという理想と、とはいえ今できること、やるべきこととの狭間で、焦りを感じる毎日。課題は山積みで責任も大きくなっていきます。でも、とにかくやるしかない。「ソリューション」の武器となる商品を生み出し、成熟させることは、その先にいるクライアントや、その1社と接点を持つ数万人という求職者の幸せにつながっているから。目の前の仕事に全力を注いでいき、求職者一人ひとりが望む働き方で働くことができる世の中や環境づくりに貢献していきたい。「シゴトとヒトが良い関係で、一人ひとりの未来につながっていく社会」を目指したい社会として掲げるこの会社で、挑戦を続けていきます。