メニュー

西村 直人

全員が最大のパフォーマンスを
発揮できるような
開発現場を創っていく。

西村 直人

スクラムマスター

2015年中途入社。日本でいち早くアジャイル開発を提唱したSIerにて、開発リーダー、コンサルティング業務を経験。スクラム・アジャイルに関する書籍執筆や講演を行う。自身のノウハウを活かしながら、新しい取り組みのできる環境を求めて、リクルートジョブズへ転職。

自ら、新しい道を切り拓いていく

10年程前のことですが、まだ「アジャイル開発」という言葉がほとんど世に出ていなかった頃、それを武器にしていたSIerに転職しました。ところが入社してみたら、アジャイル開発の案件はほとんどなかったのです。それで自分たちでワーキンググループを作って、アジャイル開発の案件を取りにいき、軌道に乗せました。その後、本を執筆したところ、読んでくださったお客様から「この本の通りにやってみたい」という声を頂くことが多くなり、開発チームからコンサルタント部門に異動することになりました。外部からコンサルタントの立場で会社の変革をサポートする仕事は、面白く、役立つ経験となりましたが、ある時、ふと「おかしいな、本当はチームで開発をしたかったんだよな」と気づきました。コンサルタントの仕事では、開発に関わることができる範囲は、どうしても限られてしまう。システムやサービスをリリースして、どんどん良くなっていくところを見ていきたい。それによって、世の中や会社自体が変わっていくのを見ていきたい。そんな想いが芽生えて、新しいものを自分で見つけに行こうと決めました。

着実に、変革を進めていくことができる

講演がきっかけとなり縁のあったリクルートジョブズへの転職を決めたのは、本格的にITに力を入れ始めた時期にあると思ったから。そして、自分が持っているノウハウを有効に活かしながら、新しいことにチャレンジできる環境だと考えたからです。入社後にまず思ったことは、この会社は、多様な人材の宝庫であるということ。年齢も職種もさまざま、いろんな価値観の人がいて面白いなと。自分のことをまったく知らない人ばかりの環境で働くことが新鮮でもありました。それぞれが意見を持っていて、事業と一緒に、自分も成長していこうという勢いがある。そんな環境は好きだし、楽しいです。ただ、大きな会社なので時間がかかることや、効率が良くないと思うことが多少はあるのも事実です。そういったことも含めて改善の余地があれば、自分から提案してどんどん変えていく姿勢を大切にしています。中長期的な技術戦略や開発体制、エンジニアの教育・評価といった難しいテーマも自分の業務として担当できることを任せてもらえる環境をとても気に入っています。

社内エンジニアだけの開発チームを率いる

スクラムマスターは、チームが最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、さまざまなサポートをする縁の下の力持ちです。冷静に周りを見渡しながら手堅く開発のディレクションする人、コードをバリバリ書く人、ユーザー目線でデザイン面から考える人など、それぞれが個性を発揮して存分に活躍できるような環境、みんなの気持ちが前向きになるような環境をつくっていきます。メンバーそれぞれが「こんな開発がしてみたい」「こんな技術を使ってみたい」といった自分の軸を持ち、いつでも楽しんで仕事をし、他部署からも「あそこは結果出してるね」と言われるような成果を上げるチームを目指しています。直近の自分のミッションは、社内エンジニアだけで構成されたアジャイルのチームを率いて、軌道に乗せていくこと。「そんなことできるの?」と言われるようなリクルートジョブズでは前例のないことにチャレンジしています。

ビジネスとエンジニアリングの両輪

システム開発を内製することのメリットは、会社の掲げている理想をよりカタチにしやすくなるということ。アイデアを考えて、それをどうやってカタチにするか。ビジネスとモノをつくるエンジニアリングというのは会社の両輪だと思うのです。両方がわかっているほうが、よりスムーズに社会に価値提供しやすくなる。事業の価値に貢献していると実感できる開発組織をつくることができたら、エンジニアのモチベーションも上がり、もっとこうしたらいいよね、というアイデアもどんどん出てきます。アジャイル開発のベースにあるのは「コミュニケーション」、つまり「対話」。だからこそ、言われたことをやるのではなく、そもそもどんなことをしたいか、という話から始まって、自分たちで手を動かし、多くの人を巻き込みながらどんどん良くしていきます。リクルートジョブズはみんながいろいろ考えて自ら動く会社なので、ゴールのないアジャイル開発を進化させ続けることで、新しい何か、まだ見ぬ何かを見つけ出せるのではないか、そのような期待を抱きながら、日々、プロダクトと向き合っています。

img_member3