メニュー

伊神 巨樹

Webマーケティングを武器に
より良い仕事探しの体験を届けたい。

伊神 巨樹

WEBマーケター

2015年、中途入社。専門性を身に付けたいと考え、Webマーケティングの経験を積むためにリクルートジョブズに転職。未経験からのチャレンジの中、入社直後に担当した広告運用を効率化する取り組みで大きな成果を残す。現在もユーザーにより良い仕事探しの体験を届けたいという想いを持ち、日々マーケティング業務に取り組んでいる。

未経験でWebマーケティングへ挑戦

前職では新規事業開発の仕事をしており、様々なサービスの立ち上げに携わり、幅広い経験を積んできました。企画力や課題解決能力といったスキル、困難な局面でもあきらめないスタンスを身に付けることができた一方で、企画を立ち上げるにあたって「集客」の難しさを痛感していました。たとえ良いサービスを作っても、集客が上手くいかなければその価値を世の中に届けることはできないことを感じ、マーケティングのスキルを習得したいと考えるように。転職先としてリクルートジョブズを選んだのは、全国にユーザーがいる大規模なサービスを展開していることより、マーケティングの知見が蓄積されているという点と、サービスの価値をより高めるために様々なチャレンジを積極的にできる環境である点に惹かれたためです。さらに、求職者と企業・仕事のマッチングにおいて、テクノロジーを活用し大きな変化を生み出していくことで貴重な経験が積めると考えたことも決め手の1つでした。

多くのユーザーからの反応を肌で感じられる面白さ

マーケティング部門では比較的、規模の大きな予算を扱うこともあり、常に責任やプレッシャーが伴いますが、同時に面白さも感じます。例えば、入社直後に担当した、「リスティング広告の運用自動化を推進する」取り組み。高いパフォーマンスを発揮する広告運用の実現をミッションとしたプロジェクトです。成功させるために大きく2つの取り組みを実施しました。1つ目は、自動入札機能を活用するために大幅に広告アカウントの設定を変更したこと。当初のアカウント設定では、ユーザーの検索ワード(地域名や駅名など)にマッチした広告を配信するために、広告グループを過度に分割していました。しかしその結果、効果データが十分に蓄積されない広告グループが生まれてしまい、自動入札機能の障壁となっていました。そこで自動入札機能を活用しつつ、より検索ワードにマッチした広告を出すために、広告カスタマイザを活用し、検索ワードに対して広告をリアルタイムに最適化していきました。その結果、求職者の意図に沿った情報を広告上で提供することが可能となりました。2つ目としては、成果を最大化させるために、運用を委託しているパートナー企業との協働体制の強化に着手したことが挙げられます。中長期の計画を策定し、目標を月次で設定して広告運用を開始しました。細かくPDCAを回しながら施策結果を蓄積し、成功施策は他メディアへの横展開を行っていく――。以上2点の取り組みを徹底した結果、全メディアの集客数を大きく向上させ、費用対効果を高めることができました。自分が打った施策の影響力をユーザーの反応を通じて肌で感じることができる、非常にやりがいのある取り組みとなりました。

マーケティングを進化させて、
より良い仕事探しの体験を届けたい。

社内では、「テクノロジー」、「クリエイティブ」、「データ」の3つの領域に知見を持ち、マーケティングを進化させられる人材が重要であると言われています。中途入社3年目の現在、Webマーケティングでベースとなる知識やスキルを習得できたという実感を持ちながらも、マーケティングの進化に貢献できる知見があるとは言えない状況です。変化の大きい労働市場に向き合い、多くの求職者と企業のマッチングに寄与するためにマーケティングを磨き込み、世の中により良い仕事探しの体験を提供していきたいと思っています。自分にぴったりの仕事がすぐに見つかる。商品・サービスを通じて、仕事の内容や職場の雰囲気を具体的に知ることができる。応募~採用までのプロセスにおける様々なイノベーションをリードしながら、イキイキと働いている人を増やしたいと思っています。