インフォメーション

(リクルートジョブズからのお知らせ)

ニュースリリース

2017年のアルバイト・パート領域におけるトレンドキーワードは「パズワク(パズルワーク)」

2016年12月13日
株式会社リクルートジョブズ

株式会社リクルートジョブズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:柳川 昌紀)は、株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸 真澄)の主催するトレンド発表会にて、「パズワク(パズルワーク)」をアルバイト・パート領域の2017年のキーワードとして発表いたしました。
―――――――――――――――――――――
個人のチカラをパズルのように組み合わせ活かしあう「パズワク(パズルワーク)」が広がる!

◇概要
アルバイト・パートでは、得意なことや苦手なことなど、個人のありのままを受け入れ、個人のチカラをパズルのように組み合わせて補いあうような職場づくりが加速。
これまでは、企業が「時間」「知識」「スキル」など必要な要素が揃う何でもできそうな人を優先して採用するケースが多かったが、一人ひとりが全ての要素を持っていなくても、個人のチカラをパズルのように組み合わせて成果を生むことを前提とした採用が増えつつある。シニアの熟練スキルや豊富な経験と、若手のデータ作成スキルとを組み合わせるケースや、経験や得意分野が異なるママ同士に同じ時間帯に勤務してもらうケースなどがある。今年の調査によると、「時間や曜日が選べる・シフト自由」の求人数は前年の約1.7倍に、 「苦手」×「チーム」・「フォロー」のキーワードを含む求人数は、前年の約9倍まで増加している。

◇背景
人材不足に直面している昨今、シニアや主婦などの短時間で働きたいというニーズの増加に対して、短時間勤務の求人も増えてきている。1日の最低勤務時間が「1~3時間」の求人数について、2015年は前年比で30%以上増加し、今年も増加を見込んでいる。今後さらに多様で柔軟な働き方が可能な職場づくりが求められ、そこから生まれた「パズワク」なら、これまで「条件が合わないから」と働くことをあきらめてしまっていた人も補いあって活躍できるようになる。

▼詳細はこちらをご覧ください。
http://www.recruit.jp/news_data/release/pdf/20161213_15.pdf

本件に関するお問い合わせ先

http://www.recruitjobs.co.jp/RJB/contact.html

ページの先頭へ